ブログ

20231113セールスフォースのCDPとは?特徴と活用方法を解説(Vol.54)

デジタルマーケティングの世界は日々進化し、企業が顧客との関係を深化させるための新たなツールが次々と登場しています。その中でも注目を集めているのが、CDP(Customer Data Platform)です。CDPは、顧客データを一元化し、それを活用してパーソナライズされたマーケティングを実現するためのプラットフォームです。しかし、CDPとは具体的に何なのか、どのように活用すればよいのかを理解するのは難しいかもしれません。そこで今回は、特にSalesforceのCDPに焦点を当て、その概念、特徴、利点、そして使い方について詳しく解説します。これを読むことで、SalesforceのCDPがどのようにデジタルマーケティングを強化し、企業が顧客との関係を深化させるための有効なツールであることを理解していただけると期待しています。

CDP(Customer Data Platform)とは何か

CDP(Customer Data Platform:顧客データプラットフォーム)とは、企業が顧客に関する情報を一元的に管理し、それを活用してマーケティング活動を行うためのツールです。

まず、CDPの主な役割は、さまざまなソースからの顧客データを集め、一元化することです。これらのソースは、企業のウェブサイト、Eメール、ソーシャルメディア、物理的な店舗など、顧客との接点全てを含みます。CDPはこれらのデータを一つの場所に集め、それぞれの顧客についての包括的なプロファイルを作成します。

次に、CDPはこれらの顧客プロファイルを活用して、よりパーソナライズされたマーケティング活動を可能にします。例えば、特定の顧客が企業のウェブサイトで特定の商品を見ていたとします。CDPはこの情報を利用し、顧客に対してその商品に関連するEメールを送るなど、パーソナライズされたマーケティング活動を行うことができます。

また、CDPはリアルタイムでデータを更新し、マーケティングチームが最新の顧客情報に基づいて活動を行うことを可能にします。これにより、企業は顧客の最新の行動や嗜好に応じて、マーケティング活動を迅速に調整することができます。

CDPは、企業が顧客との関係を深化させ、より効果的なマーケティング活動を行うための重要なツールです。顧客の行動や嗜好を理解し、それに基づいてパーソナライズされた体験を提供することで、企業は顧客の満足度を向上させ、長期的なロイヤルティを築くことができます。

SalesforceのCDP(Data Cloud)の特徴

SalesforceのCDPは現時点でData Cloudという名称で発表されています。このData Cloudの特徴について3つのポイントにまとめて解説をします。

1. 多様なデータソースの統合

Data Cloudは、さまざまな情報源からデータを収集し、それを一つにまとめることができるツールです。これにより、企業は顧客とのエンゲージメント、データ分析、機械学習、アクションなどに必要な情報を一覧できます。

2. パーソナライズされたサービスの提供:

Data Cloudは、顧客一人一人の情報をまとめて、それぞれに合ったサービスを提供することができます。これは、リアルタイムの自動化ツールやAI(人工知能)を使って、顧客全員にパーソナライズしたサービスを提供するのに役立ちます。

3. リアルタイムの顧客関係構築

Data Cloudを使うと、企業は大量のデータを活用して、リアルタイムで顧客との関係を築くことができます。営業部門は顧客が何に興味があるかをすぐに把握して、その人に合った対応をすることができます。また、サービス部門は顧客が何に困っているかをすぐに把握して、問題を早く解決することができます。

Data Cloudと他のCDPとの一番の違いはユーザーに優しいインターフェースと他のSalesforce製品とのシームレスに統合できるという点になります。これにより企業はCRM、マーケティングオートメーション、コンタクトセンター、コマースなどの各部門が同じ顧客ビューを共有できます。

Salesforce Data Cloudを動かすための設定方法を動画でご紹介
データ統合基盤(CDP)の活用を始めてみませんか

SalesforceのCDP(Data Cloud)を使うメリット

Data Cloudは、その多くの特性を活用して、企業が顧客データを最大限に活用するのを助けます。まず、Data Cloudはリアルタイムのデータを提供します。これにより、企業は顧客との関係を即座に調整し、エンゲージメントを最適化することができます。タイムリーなマーケティングキャンペーンの実行や、顧客の問題解決に役立つ情報を提供します。

さらに、Salesforceはデータのセキュリティとプライバシーに優れています。企業はData Cloudを使用することで、顧客データを安全に管理し、規制遵守を確保することができます。これは、顧客の信頼を維持し、ビジネスのリスクを最小限に抑えるのに重要です。

また、Data Cloudは使いやすいインターフェースを提供します。ユーザーは容易にデータを操作し、洞察を得ることができます。これにより、企業はデータ駆動型の意思決定を迅速に行うことができます。これらの特性は、Data Cloudが企業にとって有用なツールである理由をさらに補強します。それは、リアルタイムのエンゲージメント、データのセキュリティとプライバシー、そして使いやすさを通じて、企業が顧客データを最大限に活用するのを助けるからです。

Salesforce Marketing Cloud Engagement運用ガイドブック
効率的なライセンスの使い方

SalesforceのCDP(Data Cloud)の使い方とベストプラクティス

Data Cloudを最大限に活用するためには、以下のような使い方とベストプラクティスがあります。

まず、Data Cloudを使用する際の最初のステップは、全ての顧客データを一元化することです。CRMシステム、マーケティングオートメーションツール、サービスデスク、ソーシャルメディア、ウェブサイトなど、全ての顧客接触点からのデータを含みます。これにより、全ての顧客情報が一元化され、全ての部門が同じ顧客ビューを共有できます。

次に、SalesforceのAIと高度な分析ツールを活用して、顧客の行動を予測し、パーソナライズされた顧客体験を提供することで企業は顧客のニーズをより深く理解し、それに対応することができます。これらのインサイトは、新しいマーケティングキャンペーンの設計や既存の戦略の改善に役立ちます。

また、Data Cloudはリアルタイムのデータを提供します。このデータから、企業は顧客との関係を即座に調整、エンゲージメントを最適化し、タイムリーなマーケティングキャンペーンの実行や、顧客の問題解決に役立つ情報を提供することが可能となります。

さらに、Data Cloudは使いやすいインターフェースを提供します。ユーザーは容易にデータを操作し、インサイトを知ることができます。これにより企業はデータ駆動型の意思決定を迅速に行うことができます。

最後に、Data Cloudはデータのセキュリティとプライバシーに優れています。企業はData Cloudを使用することで、顧客データを安全に管理し、規制遵守を確保することができます。これは、顧客の信頼を維持し、ビジネスのリスクを最小限に抑えるのに重要です。

これらの使い方とベストプラクティスを活用することで、企業はData Cloudを最大限に活用し、顧客体験を向上させることができます。

まとめ

「セールスフォースのCDPとは?特徴と活用方法を解説」と題しまして、ご説明してまいりました。SalesforceのCDP、Data Cloudは、多様な情報源からデータを収集し、一つにまとめることができます。これにより、企業は顧客とのエンゲージメント、データ分析、機械学習、アクションなどに必要な情報を一覧できます。またData Cloudは顧客一人一人の情報をまとめて、それぞれに合ったサービスを提供することができます。ご自身の会社にある大量のデータを活用して、顧客との関係を築くためにData Cloudの活用を目指してみてはいかがでしょうか?

当サイトでは、顧客接点DXソリューションに関するダウンロード資料を多数ご用意しております。ぜひダウンロードいただき、資料をご活用ください。

関連記事

最新記事

全社的なDX推進や顧客接点の最適化、エンゲージメントの強化など
お困りごとやお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

データ統合ソリューション(DataCloud)はデータがサイロ化されているという課題を解決します。 点在するデータの整理、データの統合、そしてデータ駆動マーケティングまでのシステム構築・運用のサポートまで一環して行い、課題に対して的確なソリューションを提案します。
資料ダウンロードはこちら