ブログ

20230703製造業のフィールドサービス戦略にPLMは有効なの?(Vol.43)

近年の製造業においては、多様化する顧客ニーズに対応する製品づくりができるように、企画・開発段階から、設計、製造、保守支援などすべての過程をトータルに管理する製品ライフサイクル管理(PLM)システムは必要不可欠なデジタル技術になります。

しかし、PLMシステムを導入しているが、フィールドサービス業務に上手く活用できていないと悩まれていませんでしょうか?もしくは、これからPLMシステムを導入検討される企業様にとっては、どのようにしてPLMシステムを導入すればフィールドサービス業務の効率化につながるのか?と不安に思われていないでしょうか?その悩みを解決せていただきます。

製品ライフサイクル管理(PLM)とは

製品ライフサイクル管理は Product Life-cycle Management の略で、PLMと呼ばれています。PLMとは、製品の設計、開発、製造、販売、そして保守支援までの全体的なプロセスを統合的に管理する手法です。この手法は、企業が製品の品質を向上させ、市場投入時間を短縮し、製品ライフサイクル全体のコストを削減することを可能にします。

PLMは、製品のライフサイクル全体を通じて情報を共有し、製品の構造、製造方法、部品リスト、および顧客要件などの重要な情報を一元的に管理します。PLM活用により、製品開発プロセス全体を効率化し、品質管理、コスト管理、およびリスク管理を改善することができます。

PLMには、製品の設計や開発に関連する多数の機能があります。例えば、3D CADやシミュレーション、試作、評価、および承認ワークフローなどがあります。また、PLMには、製品の開発に必要なリソースの管理、プロジェクトの進捗状況の追跡、および製品のマーケティングや販売に関する情報の管理など、ビジネスプロセスを支援する機能も含まれています。

総合的に言えば、PLMは、製品のライフサイクル全体を通じて製品情報を統合的に管理することにより、製品開発プロセスを効率化し、品質、コスト、およびリスクを最適化できる手法です。

企業が競争力を維持するために、PLMを活用して製品開発プロセスを最適化することが求められます。

弊社では、PLMシステムにSiemens社製品のTeamcenterソフトウェアを提供しています。
参照URL:https://mfg.dentsusoken.com/product/plm/

フィールドサービスソリューション ARガイドブック
~ARを活用してフィールドサービス業務の効率化を実現~

なぜ、従来のPLMシステムでは問題なのか?

ここでは、PLMシステムを導入されているが、なぜ、フィールドサービス業務に活かすことができていないのか、について話をさせていただきます。フィールドサービス業務におけるPLMシステムの問題点は以下の3点になります。

①リアルタイム性の欠如

製品の設計や製造に関する情報が、PLMシステムに記録されるまでには時間がかかります。そのため、フィールドサービスの従業員が最新の情報を入手するまでに時間がかかることがあります。リアルタイム性の欠如により、製品の修理やメンテナンスに必要な正確な情報をすばやく入手することが困難になります。

②情報の不一致

製品の設計や製造に関する情報がPLMシステムに正確に記録されていない場合、フィールドサービスの従業員は不正確な情報に基づいて修理やメンテナンスを行う可能性があります。情報の不一致により、修理やメンテナンスが不十分になり、手戻りが発生することになります。

③機能の制限

一部のPLMシステムには、フィールドサービスの従業員が必要とする機能が不足している場合があります。例えば、PLMシステムがフィールドサービスの従業員が必要とするリアルタイムデータ更新機能を提供していない場合、従業員は情報を入手するために時間を費やすケースがあります。

これらの問題に対処するためには、下図のとおり、データの一貫性と正確性の維持を実施することが重要となります。

PLM:データの一貫性と正確性の維持

PLM:データの一貫性と正確性の維持

 

フィールドサービスソリューション IoTガイドブック
~IoTを活用してフィールドサービス業務の効率化を実現~

フィールドサービス戦略におけるPLMシステムの有効な活用方法とは

フィールドサービス業務におけるPLMシステムの有効な活用方法は以下の3点になります。

① 故障情報の収集と分析

PLMシステムを使用して、製品の故障情報をリアルタイムで収集し、分析することができます。PLMの収集と分析で、故障パターンや原因を特定し、改良点を見つけられます。さらに、プロダクトマネージャーとエンジニアリングチームが共有することで、将来の製品設計に役立てます。

② リアルタイムのデータ共有

PLMシステムは、フィールドサービス担当者やエンジニアリングチームが、製品のリアルタイムデータを共有するのに利用できます。データ共有により、リアルタイムで製品の情報を更新することができ、製品の品質管理と生産性向上を実現できます。

③パーツの追跡と管理

PLMは、製品のパーツの追跡と管理に役立ちます。フィールドサービス担当者は、パーツの在庫状況を確認することができ、必要なパーツをすばやく検索して注文できます。パーツの追跡と管理により、フィールドサービスの効率性が向上し、顧客満足度が向上することができます。

このような有効方法の実現を目的として、PLMシステムを導入することが、フィールドサービス戦略の成功につながるのではないでしょうか。

まとめ

これまで「製造業のフィールドサービス戦略にPLMは有効なのか?」と題しまして、ご説明してまいりました。近年の製造業においてPLMシステムは、必要不可欠なデジタル技術と言えます。しかし、まだまだPLMシステムを有効活用できていない企業様も多いと思われます。

弊社では、25年以上の250社以上のPLMシステム導入経験がございます。弊社と一緒にフィールドサービス戦略の成功に向けてPLMシステム導入を目指してみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、顧客接点DXソリューションに関するダウンロード資料を多数ご用意しております。ぜひダウンロードいただき、資料をご活用ください。

関連記事

最新記事

全社的なDX推進や顧客接点の最適化、エンゲージメントの強化など
お困りごとやお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

フィールドサービスが顧客のニーズや問題をスムーズかつ迅速に対応するためには、顧客のデータや履歴、コミュニケーションなどを統合的に管理した状態が必要です。本資料では顧客統合基盤を活用しフィールドサービス業務の効率化をどう実現するのかをご紹介します。
資料ダウンロードはこちら