ブログ

20230717セールスフォースを活用したマーケティングとは?(Vol.44)

近年、企業のマーケティングの世界はデジタルシフトしています。デジタル化されていく社会におけるマーケティングとは何か、またセールスフォースを活用したマーケティングはどのようなことが実現可能となるかについて解説していきます。

マーケティングとセールスフォースの関連性について

マーケティングとは、商品やサービスを販売するために、顧客ニーズや市場動向を分析し、戦略を立て、それを実行することを指します。近年は、インターネットやスマートフォンなどの普及により、デジタルマーケティングが重要視されるようになってきています。デジタルマーケティングとは、オンライン上で顧客に対して状況い応じた情報を提供することで、製品やサービスの認知度や購買意欲を高めるマーケティングの手法です。

デジタルマーケティングは、Webサイト、SNS、メールマーケティング、検索エンジンマーケティング、広告配信など様々な手法があります。お客様に最適なコンテンツを提供し、コンバージョン率を向上させるためには、顧客の行動履歴やデータを分析し、それに基づいた個別化したアプローチが必要です。

セールスフォースは、クラウド型のデジタルマーケティングプラットフォームを提供しており、これらの課題を解決するための機能を備えています。セールスフォースを活用することで、顧客との接点を増やし、より良いカスタマーエクスペリエンスを提供することが可能となります。また、セールスフォース Einsteinを活用することで、顧客の嗜好や優先度に合わせた最適な情報を提供し、効果的なマーケティング戦略を立てることができます。

次の項目からは具体的なセールスフォース ソリューションを活用したマーケティング施策について紹介をしていきます。

効果的なリード獲得を実現できる

Sales Cloudを活用した営業チームとの協業で効果的なリード獲得を実現することが可能です。
Sales Cloudは、顧客情報管理から営業活動の管理まで、営業チームが必要とする機能を提供するクラウドサービスです。営業チームとマーケティングチームは、リード獲得から商談までのプロセスを通じて密接に連携する必要があります。Sales Cloudを活用することで、マーケティングチームが獲得したリード情報を営業チームに共有し、営業チームはそれらの情報をもとにタイムリーにアプローチすることができます。これにより、リードの質が向上し、見込み案件が増加し、営業チームの成果も向上します。

カスタマーエクスペリエンスを改善できる

Service Cloudを活用してカスタマーエクスペリエンスを改善が可能です。
Service Cloudは、カスタマーサポートに必要な機能を提供するクラウドサービスです。マーケティングチームが提供する情報として、カスタマーサポート情報を提供することは重要なことです。Service Cloudを活用することで、マーケティングチームは、顧客からの問い合わせ情報やフィードバックを把握し、それを元にCX(カスタマーエクスペリエンス)の改善に役立てることができます。このようなアプローチによって、顧客満足度を高めることができます。

Salesforce Marketing Cloud Engagement運用ガイドブック
効率的なライセンスの使い方

マルチチャネルマーケティング戦略を実現できる

Marketing Cloud Engagement(旧Marketing Cloud)やMarketing Cloud Account Engagement(旧Pardot)を活用したマルチチャネルマーケティング戦略の構築が可能です。
Marketing Cloud Engagementは、メール、SMS、LINEなどのさまざまなマーケティングチャネルを一元管理できるクラウドサービスです。Marketing Cloud Account Engagementは、BtoBマーケティングに特化したマーケティングオートメーションツールです。これらを組み合わせることで、マルチチャネルでのマーケティング施策を実行することができます。例えば、セールスフォース上でリードがセールスプロセスに進むたびに、メールや広告、LINEなど、複数のマーケティングチャネルで最適なタイミングで情報を送ることができます。また、Pardotを活用することで、リードの情報や行動履歴を把握し、想定したカスタマージャーニーに沿って顧客ニーズに合わせた最適なコミュニケーションを自動で行うことができます。これにより、効果的なマルチチャネルマーケティング戦略を構築することができます。
またセールスフォースはAI機能も存在しています。
Salesforce Einsteinは、人工知能技術を活用した予測分析やパーソナライゼーションを実現するプラットフォームです。Einsteinを活用することで、マーケティングチームは、過去のデータから将来の傾向を予測し、それを元に戦略を立てることができます。また、Einsteinを利用することで、リードや顧客の嗜好や優先度に合わせた最適な情報を提供することができます。これにより、顧客の関心を引きつけ、コンバージョン率を向上させることができます。
各種のレポートも自動化できますので、必要なタイミングで結果を確認し、キャンペーンごとの改善を行い、より良いアクションを検討しながらマーケティング業務を進めていけます。

関連ブログ:
セールスフォースマーケティングクラウド(Salesforce Marketing Cloud)の成り立ち

まとめ

「セールスフォースを活用マーケティングとは?」と題しまして、ご説明してまいりました。セールスフォースの製品を活用することで、営業チームとの連携を強化し、カスタマーエクスペリエンスの改善を実現し、マルチチャネルマーケティング戦略を構築し、予測分析やパーソナライゼーションを実現することができます。これらの製品を効果的に活用することで、マーケティング活動の効率化と成果の向上を実現することができます。ここでご紹介させていただいたマーケティング施策にご興味がございましたら、ツール導入を検討してマーケティング効果の最大化を目指すシステムづくりを目指してみてはいかがでしょうか?

当サイトでは、顧客接点DXソリューションに関するダウンロード資料を多数ご用意しております。ぜひダウンロードいただき、資料をご活用ください。

関連記事

最新記事

全社的なDX推進や顧客接点の最適化、エンゲージメントの強化など
お困りごとやお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

施策立案、システム基盤づくり、施策実施後の効果を明確にする運用についてポイントが分かる資料です。One to Oneマーケティングを実現してみませんか?
資料ダウンロードはこちら