ブログ

20240122デジタルマーケティング初心者必見!効果をあげるための具体的なやり方とは?(Vol.59)

顧客が商品を購買するプロセスは大きく変化してきました。以前は直接店頭へ行って実際に商品を手に取って比較し、どれを購入するのかを決めていました。しかし、スマートフォンが当たり前の今では、顧客はスマホを用いてオンラインに大量にある情報から検索してアクセスし、さまざまな情報を収集し比較検討します。そこから店舗に行って購入することもあれば、そのままオンラインで購入をするケースもあるでしょう。顧客の行動の変化よって、企業と顧客の関係も変化し、マーケティングのやり方もアナログからデジタル重視へ変わってきています。顧客にいかに情報を届け、いかに選んでもらうかを考えることが重要です。

メディアへの掲載を主にしたマスマーケティングからwebサイトを活用したwebマーケティングへ、そして今ではデジタルマーケティングも、ビジネスシーンにおいて欠かせない施策となっています。しかし、この分野に新しく足を踏み入れる方々にとって、どのように取り組むべきかのスタートラインを見つけるのは難しいかもしれません。そこで、本記事では「デジタルマーケティング初心者必見!効果をあげるための具体的なやり方とは?」と題して、デジタルマーケティングの基礎となる戦略の策定、適切なツールの選定と導入の手順、そして継続的な運用と効果測定の方法を詳しく解説します。新規にデジタルマーケティングに取り組む方はもちろん、既にデジタルマーケティングを実践している担当の方も、課題を解決して更なる効果向上をさせるヒントとしてお役立てください。

基盤としての戦略:企業戦略からコミュニケーション戦略まで

デジタルマーケティングを成功させるためには、ただツールを導入するだけでは不十分です。その背後にある戦略が非常に重要となります。ここでは、デジタルマーケティングの基盤となる戦略、特に企業戦略からコミュニケーション戦略までの流れを具体的に紹介します。

まず、企業のビジョンとデジタルマーケティングの関連性を理解することが重要です。企業のビジョンやミッションは、その企業が目指す方向性や価値観を示すものです。デジタルマーケティングも、このビジョンやミッションを具現化し、広めるための手段の一つとして捉えるべきです。企業戦略とマーケティング戦略は密接に連携しており、一貫したメッセージを発信することが基本で、これによりブランドへの消費者の信頼を勝ち取りファンを獲得することができます。

次に、マーケティング戦略の中核となるのが、ターゲットの特定とセグメンテーションです。デジタルマーケティングでは、広告やコンテンツを特定のターゲット層に向けて配信することが可能です。このため、明確なターゲット層を特定し、それに合わせたメッセージやコンテンツを作成することが求められます。セグメンテーションによって、異なるニーズや興味を持つ顧客層に合わせたアプローチが可能となります。誰に対して何を伝えるのか、ターゲットを決めてカスタマージャーニーをしっかりと設定しましょう。

最後に、コミュニケーション戦略においては、デジタル時代の特徴を踏まえた上で、効果的なメッセージングのポイントを把握することが重要です。デジタル時代の消費者は、情報に対して非常に選択的です。このため、有効なメッセージングは魅力的で伝わりやすいメッセージを作成すること、そしてそれを適切なタイミングと場所で伝えることが求められます。

デジタルマーケティングを行う上での戦略は、企業の核となる価値観や方向性をしっかりと理解し、それを基にしたマーケティングやコミュニケーションの取り組みが不可欠です。これらの戦略をしっかりと策定して対応をすれば、それに合わせてデジタルマーケティングの効果を高めることが期待できます。

デジタルマーケティングを実現するツールの選定と導入

デジタルマーケティングの成功には、適切なツールの選定とその導入が不可欠です。今日の市場にはMA(マーケティングオートメーション)をはじめとした数多くのシステムやマーケティングツールが存在し、それぞれが異なる機能や特性を持っています。それぞれの違いや特性を理解した上で、活用しましょう。このセクションでは、デジタルマーケティングツールの選定のポイントと、その導入方法について解説します。

まず、ツールの選定において最も重要なのは、自社のビジネス目的やマーケティング戦略に合致したツールを選ぶことです。例えば、顧客とのコミュニケーションを強化したい場合はCRMやメールマーケティングツールが適しています。一方、ウェブサイトの流入のトラフィック(訪問・閲覧をする人の数)を増加させたい場合は、SEO(検索エンジンの最適化)ツールやリスティング広告、広告配信ツールがの利用が考えられます。ツール選定の際は、そのツールが提供する基本の機能やサポート体制、価格などを総合的に評価し、最適なものを選ぶ必要があります。電話、メール、SNS、SMS、Webサイト、動画の配信、アプリなど多様な種類のチャネルの中でどれを使って、どのようにお客様とつながっていくのかも考える必要があります。SNSの中でもfacebook、X(旧 twitter)、instagramではそれぞれ特性が異なりますので、成果を高めるためには顧客の属性と自社の戦略に合ったものを使うことをおすすめします。

次に、ツールの導入ですが、単にツールを購入・導入するだけでは効果は期待できません。ツールの導入に先立ち、具体的な目的やKPIを設定することが重要です。また、ツールを導入した後も、定期的な検証や改善を行うことで、高い効果を得ることができます。特にデジタルマーケティングツールは、データを基にした分析や最適化が可能なため、これらの機能を活用して継続的にツールのパフォーマンスを向上させるために役立ちます。デジタルマーケティングの仕組みを運営する中で、蓄積したノウハウや知識を一覧で管理して誰もが活用できる形で生かしていきましょう。

最後に、ツールの選定や導入は、一時的なものではなく、継続的な取り組みとして捉えるべきです。そのため、市場の動向や技術の進化に合わせて、ツールの更新や変更を行うことで、デジタルマーケティングの効果を持続的に向上させることができます。急速に発展した生成AIは新しい技術ですが、AIもデジタルマーケティングとの相性が良いため具体的な活用が注目されています。

デジタルマーケティングツールの選定と導入は、戦略的な視点からアプローチすることが重要です。適切なツールを選び、そのツールを最大限に活用することで、デジタルマーケティングの成功を実現することができるでしょう。そして、これが見込みの増加と売上のアップにつながっていくために重要な運用について次章で解説します。

Salesforce Marketing Cloud Engagement運用ガイドブック
効率的なライセンスの使い方

成功への運用の流れ:PDCAサイクルと効果測定

デジタルマーケティングの成功を追求する上で、戦略やツールの選定だけではなく、その運用方法も極めて重要です。特に、PDCAサイクルの活用と効果測定は、マーケティング活動を継続的に最適化するための鍵となりますので業務の一つとして設定をしましょう。このセクションでは、これらの要素を中心に、成功への運用の流れを解説します。

PDCAサイクルは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(検証)、Act(改善)の4つのステップから成るサイクルです。デジタルマーケティングにおいても、このサイクルを繰り返すことで、活動の効果を段階的に高めていくことができます。

  • Plan(計画):まず、具体的なマーケティング目的やKPIを設定します。この際、過去のデータや市場の動向を参考にしながら、実現可能な目標を設定し計画を立案することが重要です。
  • Do(実行):計画に基づき、マーケティング活動を実施します。この際、活動の内容やタイミング、対象者などを明確にして、計画通りに進めることが求められます。
  • Check(検証):実施した活動の効果を測定します。ここでの効果測定は、設定したKPIを元に行い、目標とのギャップを確認します。状況をできるだけ定量的に測定しましょう。
  • Act(改善):検証の結果を元に、次回のマーケティング活動の改善点を洗い出します。これにより、次回の活動で対策を打ち、効果向上を目指します。

このPDCAサイクルを繰り返すことで、デジタルマーケティングの活動は継続的に最適化されていきます。

また、効果測定においては、様々なツールや手法を活用して、具体的な数値やデータを取得することが可能です。例えば、ウェブアナリティクスツールを使用することで、ウェブサイトのトラフィックやユーザーの行動を詳細に分析することができます。これらのデータを基に、マーケティング活動の効果を定量的に評価し、次回の活動に活かすことができます。

デジタルマーケティングの運用においては、PDCAサイクルの活用と効果測定が不可欠です。これらを適切に行うことで、マーケティング活動の効果を継続的に向上させることが期待できます。

まとめ

デジタルマーケティング初心者必見!効果をあげるための具体的なやり方とは?と題して説明してまいりました。デジタルマーケティングの成功の鍵は、戦略の策定、適切なツールの選定と導入、そして継続的な運用と効果測定にあります。

企業のビジョンやミッションを基盤として策定される戦略は、デジタルマーケティングの方向性を示す羅針盤となります。この戦略が明確であればあるほど、次に続くツールの選定や導入がスムーズに進みます。そして、選ばれたツールは、市場の動向や技術の進化に応じて継続的に更新・最適化されるべきです。

さらに、PDCAサイクルを活用することで、戦略の実行とその結果の検証、そして改善のサイクルを回し続けることができます。このサイクルが、デジタルマーケティング活動の品質を継続的に向上させる原動力となります。

これらの要素が連動し合うことで、デジタルマーケティングはその真価を発揮します。初心者の方も、今回の内容を踏まえ、デジタルマーケティングの成功を目指してみてはいかがでしょうか。デジタルマーケティングについてのお困りごとがありましたら、お気軽にご相談いただければ幸いです。

当サイトでは、顧客接点DXソリューションに関するダウンロード資料や事例を多数ご用意、紹介しております。ぜひダウンロードいただき、資料をご活用ください。

関連記事

最新記事

全社的なDX推進や顧客接点の最適化、エンゲージメントの強化など
お困りごとやお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

施策立案、システム基盤づくり、施策実施後の効果を明確にする運用についてポイントが分かる資料です。One to Oneマーケティングを実現してみませんか?
資料ダウンロードはこちら