ブログ

20240415デジタルマーケティング運用の極意!効率化の3つのステップ(Vol.69)

近年、デジタルマーケティングの役割は急速に進化しています。オンラインでの存在感が企業やブランドの成功を左右する中、デジタルマーケティングの運用はより複雑で戦略的になってきました。しかし、この複雑さの中には、効率を大幅に向上させる鍵が隠されているのです。
適切な手法やツールを駆使してデジタルマーケティングの運用を行うことは、広告予算の最適化やROIの向上だけでなく、顧客との関係をより強固にする手助けともなります。しかし、ユーザーは何を基盤として、どのようなステップを踏むべきなのか。そこには一つの明確な答えが存在するわけではありません。本記事では、デジタルマーケティングの運用をより効率的に進めるための「3つのステップ」を具体的に解説します。

Step1 データ解析の徹底 マーケティングの成功への第一歩

デジタルマーケティングの世界において、データは価値の源泉です。しかし、ただデータがあるだけでは意味がありません。データをどのように収集、解析し、そして活用するかの設計がキーとなります。データ解析のプロセスは、一般的にデータの収集、KPIの設定とデータの評価、戦略の見直しと改善の3つのステップから成り立っています。
最初にデータを収集することで、現状を把握します。次にKPIを設定し、収集したデータを評価することで、何が上手くいっていて何が上手くいっていないのかを明確にします。最後に、その評価を元に戦略を見直し、改善を行います。この3つのステップは繰り返し行われ、常にマーケティングの活動を最適化していくための基盤となります。

1-1. 定量的・定性的データの収集

データ収集は、マーケティング活動の効果を知る基盤となります。まず、数値で示される「定量的データ」と、感情や意見などの「定性的データ」の2つに注意を向ける必要があります。
定量的データは、例えばウェブサイトの訪問者数やクリック数、購入率などの数値で示される情報です。これに対して、定性的データは、顧客のフィードバックやレビュー、感想などのテキスト情報を指します。

1-2. 目的に応じたKPIの設定

次に、データ解析のための「KPI(Key Performance Indicator)」を設定します。KPIとは、マーケティング活動の効果を測るための指標です。例えば、新しい製品の販売キャンペーンなどの施策を実施した場合、そのKPIは「新製品の販売数」や「キャンペーンのクリック数」などになります。
KPIはビジネスの目的や戦略に応じて柔軟に変わるものです。しかし、最も重要なのは「目的に応じた」KPIを設定することです。不適切なKPIを設定すると、効果的な戦略を立てることが難しくなります。

1-3. データを基にした戦略の見直しと改善

データ収集とKPIの設定が完了したら、それらのデータを基に戦略の見直しを行う段階に移ります。定期的にデータを確認し、KPIに対する実績や改善点を明確にすることが大切です。
例えば、あるキャンペーンが目標としていたKPIを達成できなかった場合、その原因をデータから探ることができます。また、成功したキャンペーンの結果のデータから、その要因や新たな戦略のヒントを見つけることも可能です。

Step2 オムニチャネル戦略の採用 顧客のニーズを一貫して満たす新しい接点の形成

デジタルマーケティングが急速に進化する中、企業やブランドは顧客との接点を増やしています。こうした中での大きな課題は、顧客の接触点の一貫性の確保、データのクロスチャネル活用、そして顧客体験の最適化です。これら3つの要素を核に、オムニチャネル戦略の重要性を深掘りします。

2-1. オムニチャネルマーケティングとは

オムニチャネル戦略は、顧客がオンライン、オフライン、さまざまなデバイスを跨いでも一貫した体験を得ることを目指すアプローチです。例えば、スマートフォンで商品を見て、実店舗で試着し、最終的にはタブレットで購入するといった顧客の行動を、シームレスにサポートすることが求められます。

2-2. 顧客接点の一貫性の確保

オムニチャネル戦略の核心には、顧客接点の一貫性があります。これはブランドイメージや情報の統一だけでなく、サービスや対応の一貫性も含まれます。例えば、オンラインストアでの購入履歴を基に、実店舗でのおすすめ商品を提案するなど、顧客の全体像を把握し、一貫した対応をすることで顧客満足度を高めることが期待できます。

2-3. クロスチャネルのデータ活用と顧客体験の最適化

複数のチャネルから得られるデータを組み合わせることで、顧客の真のニーズや行動を理解することができます。例えば、実店舗での購入データやオンラインでの閲覧履歴を組み合わせて利用することで、どのような商品に興味を持っているのか、どのようなタイミングで購入するのかなど、貴重なインサイトを得ることができます。これを基に、よりパーソナライズされたマーケティングアクションを展開することが可能となります。

Salesforce Marketing Cloud Engagement運用ガイドブック
効率的なライセンスの使い方

Step3 オートメーションツールの活用 – 効率的なマーケティング運用の実現

現代のマーケティングは多くの種類の膨大なデータと情報を扱うものとなっており、その効率的な運用は企業の競争力を大きく左右します。オートメーションはその要となる技術であり、その理解、ツールの選定と導入、そして効果的なセグメンテーションとパーソナライゼーションが不可欠です。これら3つのポイントに焦点を当て、オートメーションツールの活用法を探っていきます。

3-1. マーケティングオートメーションの概要

マーケティングオートメーションは、繁雑なマーケティングタスクを自動化し、効率的な運用をサポートする技術やツールの総称です。例えば、リードの獲得から育成、コンバージョンまでの一連の流れを自動化することで、マーケティングリソースの最適化やROIの向上を実現します。

3-2. ツールの選定と導入のポイント

オートメーションツールを導入する際の最大のポイントは、ビジネスの目的やニーズに合ったツールを選ぶことです。市場には多種多様なツールが存在し、それぞれの特性や機能が異なります。正確なニーズの把握と、そのニーズを満たすツールの選定が、後の運用においてその成果に大きな差を生むこととなります。

3-3. 効果的なセグメンテーションとパーソナライゼーション

オートメーションツールを最大限に活用するためには、顧客データの詳細なセグメント化が必要です。これにより、顧客一人ひとりのニーズや行動に合わせたパーソナライズされたコンテンツやキャンペーンを展開することができます。具体的には、購入履歴や閲覧履歴、デモグラフィック情報などをもとに、顧客を細かくセグメント化し、それぞれに最適なメッセージやオファーを提供します。

Salesforce Data Cloudを動かすための設定方法を動画でご紹介
データ統合基盤(CDP)の活用を始めてみませんか

まとめ

「デジタルマーケティング運用の極意!効率化の3つのステップ」と題しまして、ご説明してまいりました。デジタル時代のビジネス環境は、絶えず変化しています。企業やブランドが成功を収めるためには、変化の波をただ迎え撃つだけでなく、それを活用して自らの成長に繋げる戦略が求められます。紹介した「データ解析の徹底」、「オムニチャネル戦略の採用」、「オートメーションツールの活用」の3つのアプローチや戦略は、それぞれ異なる側面からデジタルマーケティングの成功をサポートします。共通して言えることは、企業やブランドがデジタルの力を最大限に活用し、顧客との関係を深化させるための方向性を示しているという点です。
デジタルマーケティングの未来は、これらの戦略や手法をさらに進化させ、新しい技術やトレンドを取り入れながら、顧客との関係をより強固にする方向に進んでいくことでしょう。企業やブランドとしては、これらの戦略を取り入れ、顧客との一層の関係深化を目指してみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、顧客接点DXソリューションに関するダウンロード資料を多数ご用意しております。ぜひダウンロードいただき、資料をご活用ください。

関連記事

最新記事

全社的なDX推進や顧客接点の最適化、エンゲージメントの強化など
お困りごとやお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

施策立案、システム基盤づくり、施策実施後の効果を明確にする運用についてポイントが分かる資料です。One to Oneマーケティングを実現してみませんか?
資料ダウンロードはこちら