ユースケース

自動車メーカーのオンライン販売事業(D2C)の立上げ

自動車の販売台数は、人口減少と新車を購入したことのない若者を中心としたクルマ離れにより、成り行きで行けば減少することが予想されています。自動車メーカーは、新たな収益源を求め、リカーリングビジネスなど、さまざまな新規事業を行っています。

その1つとして、オンライン販売ビジネスへの取組みがあります。ECでの購入があたり前になった現在、クルマもECで取り扱えないかというチャレンジです。

デジタル上での顧客体験の実現と、これまでリアルで行っていた販売店業務をデジタル上で対応できるようにすること、有人でやっていたことをデジタル技術を活用することでなくすことなどの取組みを行い、オンライン上でのクルマの販売を実現しました。

ここでも、電通総研は、新たな顧客体験設計(CX)と業務設計(BX)、デジタル技術活用(DX)を融合させた支援を行っています。

全社的なDX推進や顧客接点の最適化、エンゲージメントの強化など
お困りごとやお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。